アダラートを服用することによる出産への影響

アダラートは心臓や体に通っている血管を広げて血流を改善する作用を持つ医薬品です。
主に高血圧や狭心症といったような「血流」が原因となって引き起こされる病気を持っている人の治療に用いられる薬品であり、最近だと「高血圧のリスクがある」という人などに対しても、予防的に処方されるケースが増えてきました。
またそうした病気に限らず、体全体の血流を改善する作用があるため、一見して血圧が関係してこないような病気の治療にも利用されることがあります。
しかしアダラートなどの医薬品には必ず副作用が存在しており、人によってはそうした副作用が気になるといったような人もいるでしょう。
アダラートを服用している人の中で特に副作用を気にするのが「出産を控えている」という人です。
ではアダラートを服用することによる出産への影響はあるのかというと、これは「妊娠20週未満」の状況では服用を禁止されることとなります。
アダラート自体はそこまでひどい副作用が出るというわけではないのですが、妊娠20週未満の状況でアダラートを服用すると、胎児が奇形になってしまったりなど、胎児に対する悪影響が発生するリスクがあるからです。
しかしながら、現段階では「そうしたリスクがある」というような判断はされているものの「アダラートを服用したから必ず奇形になる」というようなデータはありません。
またこのアダラートには「分娩を遅らせる」という作用もあるのですが、これが直接原因になって母体や胎児に危険が及ぶこともないでしょう。
むしろ明確に「分娩を遅らせる」という作用があることがわかっているだけに、そのままだと早産のリスクがあるというような妊婦に対しては「早産防止用」という目的で投与されることもあります。
■高血圧にオススメの薬
高血圧症の治療薬ノルバスクの詳細はこちら
■安価なミカルディスジェネリック
ミカルディス
■アダラートの成分
ニフェジピン